建築学科(建築デザイン・インテリア 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 建築のプロフェッショナルをめざす 建築学科 国土交通省・厚生労働省資格認定

平等院鳳凰堂

2018年06月10日 平等院鳳凰堂

日本建築史の授業で取り上げ、1年生にブログで写真を掲載することを約束していた『平等院鳳凰堂』の平成の修理後の姿です。
鳳凰堂正面
美しく優美な姿を取り戻しています。
極楽浄土の建築物はこのようなものかと思わせる和様の建物です。
10円硬貨の模様に採用されていますね。
どの角度から見ても美しい建物です。
鳳凰堂1
北翼廊側から見ています。
この建物の正面は東向き…ということは、参拝者は東から西を向いて鳳凰堂を見ます。
西方浄土の方向にこの建物の正面がくるという配置です。
まさに浄土建築の極みです

それぞれを拡大すると…
中堂
中堂です…
この中には定朝作の国宝、寄木造の阿弥陀如来坐像が安置され、極楽浄土の世界が表現されています。
阿弥陀如来
窓から顔を見ることができます。

棟の両端には棟飾りとして鳳凰が…
屋根上の鳳凰
金色に燦然と輝く一対の鳳凰です。

拡大してみると…
鳳凰
見事な造作です。
これは、1万円札にも描かれていますね

中堂の大屋根には鬼瓦
鬼瓦
鬼瓦は棟の両端に取り付けられるのでは…
これは、降棟(くだりむね)ですから…何なのでしょうか
よく見ると、鬼ではなく龍ですよ
つまり、龍頭瓦です。降棟を胴体とすると、一体となって大きな龍の姿になっているということですか…
仏法の守護神である龍が、現世に降りてくる姿ですかね〜

建物の両脇は
南翼廊
南翼廊です。

北翼廊
北翼廊です。
中堂の中には、ここを通って行きます。
しかし、二階の廊下部分は高さが1mもありませんので、通ることはできません。
何より、中堂とは繋がっていません。
したがって、下つまり一階を通ることになります。
ということは、二階は飾りという事になります。
チョッと高い隅楼には床も天井も梯子(はしご)もなく、人が上ることは想定されていません。

翼廊は中堂の飾りの建物なのですね〜

側面からの写真です。
鳳凰堂側面
建物の裏側に尾廊が付いています。
上から見ると、鳳凰の姿になる建物です。

余談:
平等院の裏手に回ると、最勝院不動堂があります。
そこに怪獣の鵺(ぬえ)退治で有名な源三位頼政(げんざんみよりまさ)の墓があります。
源三位頼政の墓
以仁王の平家追討の令旨で源氏の先頭を切って立ち上がり、ここ平等院の戦いで平家の大軍に敗れ、自害した英雄の一人です。

日曜日のひと時、
ブログで古(いにしえ)の京都を味わうのも一興でしょう

※掲載された写真は全て私が昨年撮影したものです。

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 9:2 | コメント(0) | この記事のURL | |

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。