建築学科(建築デザイン・インテリア 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 建築のプロフェッショナルをめざす 建築学科 国土交通省・厚生労働省資格認定

紅炉上一点の雪

2018年05月19日 紅炉上一点の雪

五月もいよいよ残り10日ほどです。
6月になると、2年生は忙しくなり始めます。
就職戦線も6月第一週の位置で最終盤となり、ほとんどの2年生は就職内定となります。

昨日、BIMソフトの第一陣が届き、いよいよ昨年よりも強化されたBIMが始まろうとしています。
準備は着々と進んでいます。

2年生は、BIM設計1、公共建築設計、商業建築設計と設計3課題を実施していますが、「そろそろ本格的に推進しないと・・」というところに差し掛かっています。
さらに宅地建物取引士受験の再挑戦にもエネルギーを注ぎます。福祉住環境コーディネーター2級も挑戦したいし、2級建設業経理士にも挑戦する学生がいます。

自分の未来と周りの人を幸せにするための『努力の投資』が行われます。この果実は必ず自分に還ってきますよ

このように課題が目白押しなら、しっかりと計画を立てて毎日を送ることが肝要ですね〜
しかし、私たちには、誘惑や怠惰な心、逃げて楽(らく)したくなる心が忍び寄ってきます。

そんな時に次の言葉をお勧めします
紅炉上一点の雪(こうろじょういってんのゆき)』…碧巌録
意味は、「火の上に一点の雪を置くと、すぐにとけるように、私欲・迷いなどがとけること」…大辞林

さてさて、解釈は色々とできますが、これだけ、やることが多い学生諸君には、次のような解釈が適当かな・・
「一生懸命に課題に取り組んでいても、誘惑・怠惰・私欲・迷いは忍び寄ってきます。その時、真っ赤に炎が燃えるように結果を信じて努力をすれば、それらの障害は火の上に落ちる雪のように、跡形もなく消え去ってしまう。」

1年生の『建築マネジメント』のリーダー論で考察しているリーダー達もこの心構えを持っていたのではないでしょうか。今、1年生も考察を進めています。

土曜日・日曜日にあたって、勉強を進める人々への激励の言葉です


難しい言葉が続きましたので・・・

追記:恒例のNHK「チコちゃんに叱られる」からクイズです。

  屬覆次高齢者のことをシルバーというのですか?」
◆ 岼貊唐(まぶた)の人と二重瞼の人がいるのはなぜですか?」
 「なぜ、海獺(らっこ)は貝ばかり食べるのか?」

  … by Maruyama teacher …

回答です。

,硫鹽:国鉄が老人優先席を作る時に、席の色を変えることになり、予算不足から在庫の布を使うことになる。その色がシルバーだったので、シルバーシートとなった。そのシルバーが老人を表す言葉となった。

△硫鹽:人類の祖先であるホモサピエンスは二重瞼であった。その人類が世界中に拡散していくが、北方と北東アジアに行った人類が、寒さに対して進化していき、一重瞼になった。つまり、一重瞼は、二重瞼が進化したものである。

の回答:ラッコは、海への進出が他の海生哺乳類に比べて格段に遅く、イタチの性質も残っている。したがって、他の海生哺乳類に比べて、潜水時間も短く、泳ぎも下手である。動きの機敏な魚を捕獲できず、動きの遅い貝を食べることになった。

色々な疑問は、人に聞くのではなく、まず調べることです。昭和の名工である西岡常一棟梁も「他人(ひと)に聞いたら、じきに忘れまっせ。自分で考えなはれ」と言っています。
今は、スマートフォンもあり、調べる手段に恵まれています。建築専門の事もドンドン調べることができます。スマートフォンをゲームに使うのではなく、もっと有効に使うことですね

n-66156802 at 12:17 | コメント(0) | この記事のURL | |

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。