建築学科(建築デザイン・インテリア 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 建築のプロフェッショナルをめざす 建築学科 国土交通省・厚生労働省資格認定

エスキスの講評1

2018年05月02日 エスキスの講評1

2年生の住宅設計のエスキスを講評します。
課題名は『眺望の良い敷地に建つ三世代同居木造専用2階建て住宅』
24
課題配布プリント

3回目のチェックになりますか
殆どの学生は、何とか形になってきています。
CADによる製図とBIMによる製図に、もう少しで入れそうです。

住宅設計エスキス1
GW前に提出された女子学生のエスキスです。
かなり良くまとまっていて、ゴールに近いエスキスになっています。
部分部分で講評していきますので、勉強になりますよ
今日のところは、1階を講評します。

仝軸悒勝璽鵝、 ポーチ、風の遮断装置を設けなければなりませんね。接客のコーナーはあるが、狭すぎて(50冂)人が入れないし、もう少しスペースが欲しいです。靴箱は、土足の場所ではなく、床の方にあった方が良いと思います。コート掛けは、納戸も兼ねて少し寒いゾーンの方が良いのではないか。

∩鎚譴凌下璽好據璽后、 10畳(トイレ2畳を含む)の割にタンスゾーンと押入の間の空間が無駄になっているようで、有効になっていないですね。レイアウトをもう少し変えてみると正解が見つかるでしょう。

A鎚豕鏨屐、 大丈夫でしょうが、客間と連動している縁側をもう少し幅広くして、テラスとも連動し、有効利用すると、さらに良くなりますね〜

さ甸屬筏鏨屐、 上手く連動しています。この客間を茶室としても利用できたら、楽しいでしょうね!!

サ鏨屐、 スキップフロアーで50冂下がっており、上部の吹き抜けもあり、空間に変化を持たせようとしています。さらに大胆な工夫を入れて、食堂・テラスとの連動により、もっと面白く、眺望を活かした空間になりそうです。今のままでは、居間と客間の間も910个猟模になっていて、つまらないですよね!!もっと工夫した連動があれば、楽しいものになりますよ…
これは、この家の性格というか、評価を決める大きな部分となりそうです。思い切った設計を期待しますね〜

Ε汽縫織蝓次Ε罅璽謄リティ → このプランでは、ボイラー・洗面台前、押入前が無駄に広く、間が抜けてしまっています。ここは女性の建築技術者らしく、主婦にとって使いやすい、無駄を無くした思い切った空間にしてほしい所です。主婦室というイメージも出せたら、「さすが」とうなりましょうね…

С段・トイレ → 問題はありません。できれば、トイレも楽しい空間を演出できれば、ワクワクできるのですが…せっかくですのでチョッと期待したいところです。階段の下は納戸として利用できます。玄関とのリンクも考えてみてはいかがでしょうか

後日、2階を講評します。楽しみにしてください。

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 18:5 | コメント(0) | この記事のURL | |

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。