建築学科(建築デザイン・インテリア 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 建築のプロフェッショナルをめざす 建築学科 国土交通省・厚生労働省資格認定

プレゼンテーション

2018年04月24日 プレゼンテーション

2年生の昨日の午前は、『公共建築設計』です。
建築工房でグループごとにプレゼンを行いました。
設計のテーマは、『道の駅』です。

公共建築設計プレゼン1
それぞれ、工夫して発表していると思います。

公共建築設計プレゼン2
発表後、質疑応答時間を数分とりますが…

2年生は、産学連携授業の時にもグループでプレゼンを行っていますので、少しは場慣れしているはずですが…注意点が多くあり、まだまだの感があります…
だから、これからも勉強を積み重ね、向上のための努力を積み重ねていくのですが

ここで、プレゼンテーションの準備の心掛けを紹介しますね…
^嫂沺μ榲・テーマが聞く人に明確になっているか。
∧垢人の興味を引く表現になっているか。
質疑応答が盛り上がればGood!!
ぅ廛譽璽鵑了間配分が目的に沿っているか。
ヌ蟻未壁分、重複している部分が無いか。
κ垢人の印象に残る言葉があるように。
体も使って(アクションも使って)表現しているか。
発表者に相手に伝えようという熱意と自信があるか。
スタート時の第一印象を大切にしているか。
発表に使用しているデータの裏付けのデータ(発表していない)を十分に備えているか。

一生懸命で、サービス精神が旺盛な人に見られますが、限られたプレゼン時間に多くの事を話そうとして、聞く人の反応を見ずに早口になり、淡々と話す姿を見ます…これでは、聞く人の印象に残らず、何のためのプレゼンかわかりませんね〜

しっかりと『間』をとり、説明内容の7割を披露(パフォーマンス)し、質疑応答を誘導して残りの3割を出せたら達人級ですね

これらを意識し、これからのプレゼンテーションを積み重ねて、大きなスキルを手に入れましょう

期待は大きいですし、大きく伸びる予感がします

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 6:2 | コメント(0) | この記事のURL | |

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。