建築学科(建築デザイン・インテリア 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 建築のプロフェッショナルをめざす 建築学科 国土交通省・厚生労働省資格認定

2018年09月19日 建築施工演習の締めは「墨出し」

1期生も測量演習の締めとして「墨出し」を行っています。
建築学科では、卒業生が即戦力として就職当初から少しでも活躍できるように「墨出し」の演習を行い、建築生産現場における監督業務の実践的な体験を行っています。

授業での「墨出し」手順の概略を紹介します。
ここに至る前段階として「建築施工1」「建築施工2」の座学で建築生産の基本的な知識と心構えを学習しています。
さらに1年生の前期で「建築マネジメント」を学んでいますので、工事の前にはしっかりと計画を練る事を知っているはずですが…つまり、「P(plan)→D(do)→C(check)→A(action)」の実施です。

「墨出し演習」
そのスタートは、教室で墨出しの図面の配布です。
図面は「鉄筋コンクリートの簡易的な建物の躯体図」です。
現場でも躯体図から墨を出していきます。

仕事の手順を時間を追って説明していきながら、使用する道具や心掛けることが話されます。

実験室に行き、墨出し作業を想定しながら道具を揃えます。
墨出し演習1
いつも使用している実験室です。
アンテナを持っている学生なら、置いてある道具に普段から興味を持つはずですし、場所の特徴も知っていますね…戸惑うこともないはずが…
優れた技術者は普段から色々なことに興味を持っていますよ…

いよいよ現場に行き、墨出し作業をする場所の確保です。
墨出し演習2


次に、自分たちの作業手順の確認と作業分担を決めなければいけません。
目標は、正確に、かつスピーディーに作業をすすめること。
全員に図面が配布されているという事は、全員が建物の内容を知りながら作業を進めなさいという事です。
墨出し演習3


現場では、差し筋もあり、通り芯を書くことは不可能で、さらに躯体の中に隠れてしまいますので、通り芯から500もしくは1,000逃げた返り墨(逃げ墨)を書きます。
教えられた通りにトランシットを用いて直角の線を書いていきます。
墨出し演習4墨出し演習5

その返り墨を元に、4人のチームは2人ずつ手分けして作図を進めると2倍のスピードで墨出しが進みますが…
墨出し演習3

墨出し演習10

順調に進んでいるのでしょうか

墨出し演習6

墨出し演習7
1枚の図面を皆で見ています。
一人が司令塔で、残りの人は手元のようです…全員、現場管理の仕事をするはずの人なのですが…
これでは、仕事は遅々として進みません
若者らしいテキパキ感を出せていませんよ…

三歩進んで二歩戻る…
墨出し演習8
このあたりで、タイムアップです

書いては消し、書いては消しで、最終的には線1本だけが残ったチームすら出ました。

仕事とは…
仕事=力✖移動量(成果)
成果が0、もしくは微小の時、力をいくら注いだとしても仕事は何もしていないか僅かなものとなります。

今回の墨出し作業は、多くの反省が残りました。
とても勉強になったと思います。

このまま終われませんので、後期にリベンジです。
皆はどう進めて、ゴールに向かうのか…楽しみですね〜

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 15:19 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年09月14日 節電が続く…建築学科の一日

北海道電力苫東厚真発電所の地震による損壊で節電が続いています。
建築学科は、発電が、ある程度復旧するまで授業が遅れないように、許容される最大限の節電を行っています。

教室の照明を落として授業を行っていますが、健康や授業の進行に注意を払いながら予定通りの授業を順調に進めています。

今日の午前中のBIM設計1の授業です。
GLOOBE操作演習2018.9.14
汎用BIMであるGLOOBEの操作技術の習得を行っています。
入門の第1課題を終えて、いよいよ本格的な操作を行う第2課題に入っています。
GLOOBE操作演習画面2018.9.14
後期のBIM設計2で技術習得を進め、オリジナルな設計課題をGLOOBEで行います。
自由自在な操作を求められますので、そのためにも、確実にBIMの操作を習得しておきます。

節電が続く中、すこぶる順調に習得していますよ〜

午後からの1年生は『建築マネジメント』です。
ドラッカーのマネジメントの学習を終えて、最終章である「孫子の兵法によるマネジメント」を学習しました。
建築マネジメント2018.9.14
結構、楽しく授業は進み、新たな考え方を学習しました。
これを活かしながら挫折をすることなく、社会人として活躍し、貢献し続ける技術者になってくれることを期待します。

節電…自分たちが何ができるかを考えて、北海道の社会に貢献してほしいと思います。みんなで頑張りましょう

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 18:25 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年08月26日 BIM:ARCHITREND ZERO Ver4 その12

夏休み明けの1週間、2年生はBIM設計1の第2課題に取り組む日々をおくりました。

宅建士模試4BIM設計1第2課題スタート2

BIM設計1第2課題初日進行状況1BIM設計1第2課題初日進行状況2

BIM設計1第2課題初日進行状況3BIM設計1第2課題スタート

BIM設計1の残業第2課題組

金曜日17:00ジャストで図面提出締め切りです。
図面が完成品でないまま提出すると受け取りません。
第1課題の時に教えていた住宅設計の基本を無視したものも受け取りません。

つまり、ARCHITREND ZEROの能力を使いこなして、短時間で建築可能な住宅を設計するのが今回の第2課題の目的でしたので、これに適わないものはOUT

作品を受け取られた学生は44%です…

夏休みの間に、第1課題で得た(第1課題をしっかり消化した)ものを活かしてエスキスをしっかり練ってきた学生にとっては楽勝な演習でした。

しかし、第1課題への取り組みが甘く、ARCHITREND ZEROの操作方法を確実にマスターしていなかったり、本人は間に合うつもりでいて、スケジュール前半の取り組みがおろそかで、結果として後半に焦りだし、作図された図面の確認に気が回らす、時間に追われた学生は間に合いませんでしたね〜

さらにもっとひどいのは、今までの勉強をその場しのぎで適当にやり過ごし、夏休み明けにエスキスを急ピッチで作る「やっつけ仕事」の学生は、とても受け入れることができない設計で「万事休す」の状態になりました。

『先憂後楽』の考え方で仕事に向かう事を1年生の時から教えています。
可能な限り、スケジュールの前半に取り組み時間とエネルギーを注ぎ込むと、後半に突貫工事で焦りから生ずる杜撰(ずさん)な仕事にならない良い仕事ができます。
課題を提出できなかった学生は、改めて『先憂後楽』の言葉を噛み締めてほしいものです。

今回の事で分かったことは、技術者の基本中の基本というより、人間としての生き方の基本である『誠実』を身に付けていないと設計はできないという事でしょう
毎日の勉強を確実に身に付けていくのだという心構えと、その場しのぎをしないという覚悟が、自分自身を成長させます。

今週から次のBIMソフトである「GLOOBE」に取り組みます。この授業を通して、「誠実」とは何かを考えてほしいと思います。

2年生は卒業が視野に入ってきています。
技術者として、また社会人としての人格を磨き上げる半年となります。
この人格は、課題や資格試験に誠実に取り組むことで身に付けるものだと思います。

真剣勝負の日々が続きます…

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 9:37 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年08月21日 前期後半の授業変更

本校の授業は基本的に前期・後期ともに15回で設定されています。
非常勤の先生の授業は、特別な場合を除き、15回で終了します。したがって時間割が空いてくるわけですが、建築学科では、常勤の先生の時間が空いていれば、常勤の先生の何らかの授業を実施しています。

今日の1年生は、関口先生の授業が終了していたので終日、『建築マネジメント』の授業を実施しました。
今日のテーマは「リーダーの責任」です。
3本の教材を使用しました。
 崙航ジャンボ機事故 空白の16時間"墜落の夜"30年目の真実」
◆崙本人はなぜ戦争へと向かった 開戦・リーダーたちの迷走」
7築学科伝統の映画「八甲田山」

建築マネジメント1
画像を見ながら考察を進めます。

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 16:51 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年08月15日 夏休みも本当の終盤ですね!!

夏休みも残すところ4日になっています。
残り少ない夏休みを満喫したいところですが…そろそろ夏休み明けの勉強に備えなければなりませんよ…

学生全員にPhoto575を課題として出しています…忘れていなけれは良いのですが

2年生はBIM設計1の第2課題の準備、すなわちエスキスの考察があります。

ここで第2課題を提示します。
BIM設計1第2課題2018.8.15ネット掲載用
読めるかな

課題名『角地に建つStylishな総二階木造専用住宅』です。
土地の形状は16,380(9間)×18,200(10間)の90坪です。
延べ床面積は140(42坪)以内

夏休み前にARCHITREND ZEROは使いこなしていますので、第2課題は、その凄い能力をフル稼働させることができるかどうかということが評価の対象になります。

課題を見てもらえばわかりますが、全ての図面を揃え、外皮計算と構造計算書も揃えます。

与えられる時間は、8/21火曜日と8/24金曜日の午前授業の計6時間
あとは、5日間の昼休み数十分と講習会後の1時間ほどです。

提出期限は8/24金曜日の17:00を予定しています。
他の課題も入ってきますので、スケジューリングの能力も問われます

まず、この時間の少なさと作成する図面量は、通常のCADでは絶対に不可能です。
しかし、ARCHITREND ZEROを使用すると可能になると想定しています…休み明けの1週間、2年生は大変でしょうが、ARCHITREND ZEROの威力がどの程度のものか、とても楽しみです。ワクワクしますね…

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 20:0 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年08月15日 終戦記念日に寄せて

今日は『終戦記念日』です。
昭和20年(1945年)8月15日、日本が太平洋戦争の敗戦を認め、ポツダム宣言を受諾し、無条件降伏した日です。
太平洋戦争と、昭和天皇の玉音放送については、2008年8月15日の建築学科ブログに詳細を掲載していますので、一読してください。
http://hk.nkhs.ac.jp/archives/50380009.html

今日は、3年前に訪れた知覧特攻平和会館を紹介します。
知覧特攻平和会館
昭和60年(1985年)から2ヵ年の継続事業で建設された「特攻の史実を後世に正しく伝え、世界恒久の平和に寄与する」目的の施設です。

内部は写真撮影できませんので、知覧特攻平和会館の公式サイトで見てください。

知覧特攻平和会館1
特攻勇士の像

知覧特攻平和会館2
一式戦闘機『隼』

三角兵舎外観
三角兵舎

三角兵舎内部1三角兵舎内部2
三角兵舎内部です。

知覧特攻平和会館3
三角兵舎内部に展示されていた特攻隊員の写真です。

今日は玉音放送が流された正午にサイレンが鳴ります。
太平洋戦争で命を落とされた多くの人たちの慰霊と、二度と戦禍が起きないことを願い、恒久平和へ微力ながらも何ができるのかを考え、また一歩を踏み出す一日にしましょう…

追記:
夏休み・お盆も終戦記念日で最終盤になります。
後ほど(今日の午後)、2年生の休み明けすぐに取り掛かるBIM設計課題をブログでアップします。

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 9:55 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年08月06日 爽やかな夏の風景

今日は広島忌です。
Twitterで紹介した2008年の8月6日のブログ
http://hk.nkhs.ac.jp/archives/50376944.htmlを読んでいただけたでしょうか

ここ登別市は快晴と言ってよい天気でした。
でも最高気温は20℃ですから、過ごしやすいですよね
あまりに気持ちがいいので、幌別鉱山方面へ自転車でひとっ走り

幌別鉱山への道
自転車で坂道を上がります…カムイヌプリの頂上が招いてくれます。

ここから、緑と水の風景が満喫できます。
幌別ダム湖
幌別ダム湖です。
湖の空気は涼しいですよ。

ダム湖の上流は…
幌別川堰堤
堰堤(えんてい)があります。
この人工の滝もまた涼しいかぎりです。

堰堤による小さな湖は…
幌別川堰堤湖
緑いっぱいで静かですね

さらに上流へGO
幌別川上流
ダムの源、幌別川源流です。

さらに上流を見ると…
幌別川上流1
鉱山方面から流れてくる清流です。

夏の甲子園、北海道勢は惜しかったですね〜
勝つチャンスは何回かあったのですが…

悔しがっていても、どうにもならないので、「いい試合だったのだから楽しかったよ」で終わりましょう
残りの爽やかな夏を満喫するためにも、適度な運動と夏景色の鑑賞を勧めます

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 18:49 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年08月05日 体験入学夏の陣…大忙し!!

今日のオープンキャンパスは想定以上の参加者で、急遽学生スタッフを増員しました。
それでも、一人で複数人のARCHITREND ZEROの操作体験を指導します。
始めて2カ月の学生スタッフにはチョッときついかなと思いましたが、参加者全員、立派に図面作成まで到達しましたので、「ウチの学生、たいしたものです

学科説明1
まずは、建築工房で学科の説明です。
BIMの説明と私たちのBIMの取り組みを追加説明して…

ARCHITREND操作体験開始
ARCHITREND ZEROの操作体験です。

昼食後、再開します。
午後からのARCHITRENDその1
順調に再稼働です。

午後からのARCHITRENDその2
作図をパソコンに指示します。

午後からのARCHITRENDその3
男性陣も作図を支持し始めました。

ARCHITREND ZEROの操作体験は、参加している高校生にとっても面白いようです。
学生の習得が、夏の体験入学に間に合って良かったと、しみじみ思いますね〜

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 15:12 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年08月03日 快晴の朝の札内高原

暑い日が続きます。ここ登別でも30℃前後の暑さになっています。
こんな暑い夏休みは、まだ涼しい朝のうちに運動します。

今日の朝、登別は雲一つない快晴です。
自転車で札内高原まで「ひとっ走り」…
気温は16℃、空気は乾燥していて、自転車で受ける風は肌寒く感じるほどです

学校が建つ札内高原の夏の朝は、本当に清々しい北海道の景色がいっぱいです…

夏の朝の札内高原2018.8.3
広々とした草原と牧草ロール

夫婦の木と草原2018.8.3
「夫婦の木」の両側に来馬岳(左側)とオロフレ山(右側)

朝陽を浴びる夫婦の木2018.8.3
朝陽を浴びる夫婦の木

カムイヌプリと室蘭岳2018.8.3
カムイヌプリ(左側)と室蘭岳(右側)

涼しい空気の中、Beautiful な景色を見ながら自転車でひとっ走り
北海道の楽しい夏は、身近にもあります

追伸:
キタキツネ2018.8.3
なんと、札内高原のキタキツネに朝の挨拶をされちゃいました…

どうです、皆さん
思いっきり、カメラ片手に爽やかな夏を楽しみましょう…

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 10:17 | コメント(0) | この記事のURL | |

2018年08月02日 夏休みの雑学

今日も快晴で、気温が上昇しています。
30℃ギリギリのところまで上がっていると思います。

夏休みも一週間が経過し、勉強を前半の内に進めておくと、精神的にも開放された夏休みが過ごせるはずですが、小学校1年生の時から、なかなかそうはいかなかったでしょう。

ここで、チョッと学校の雑学を披露します。
学校のチャイム「キ〜ン・コ〜ン・カ〜ン・コ〜ン…」になんと、歌詞がありました

NHKの番組『チコちゃんに叱られる』で知りました。

そもそも、この「キ〜ン・コ〜ン・カ〜ン・コ〜ン」のチャイムは、昭和30年に大森第四中学校で国語の教師をしていた井上尚美先生がチャイムとして採用し、チャイムの機械を開発したところから始まります。
それが全国に広まり、現在に至っています。

この旋律は、『幻想的小品 ウエストミンスターの鐘』として、イギリスのウエストミンスター宮殿(国会議事堂)のビッグ・ベン(時計塔)のチャイムの音になっているものが元になっています。

ということは、どう考えても…
※日本人が一番多く聞いているクラシック音楽ということになるのではないでしょうかね〜

この曲には歌詞があります。
ビッグ・ベンの時計室の壁に刻まれている公式の歌詞は…

All through this hour
Load, be my guide
And by thy power
No foot shall slide

日本語訳は

全ての時を通して
主よ導いてください
あなたの力によって
迷いはなくなる

旧約聖書『申命記』の文言を踏まえた内容ですね。

チョッと疲れた時に、学校のチャイムを思い出して、歌詞をくちずさんでみてはいかがでしょうか。
きっと、小学校の思い出と共に、力が夢を伴ってよみがえってくるかもしれません

  … by Maruyama teacher …

n-66156802 at 14:47 | コメント(0) | この記事のURL | |